~NEWS~

6月です。

駅で見かける学生さんたちの雰囲気の変わる季節です。
衣替えで、制服が濃い色から白などになることでちょっと明るくなる気がしますね。

さて、この「衣替え」という習慣、一体いつ頃からおこなわれるようになったのでしょうか?

「衣替え」の習慣は、平安時代に、中国の風習にならって、宮中行事としておこなわれるようになりました。

旧暦の4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替える、と定め、これを「更衣(こうい)」と呼んだそうです。

やがて、「更衣」は民間にも広がっていきました。
が、実は、天皇の衣服の着替えを助ける女官のことも「更衣」と言い、後には、天皇の寝所にお仕えする女官(女御(にょうご)に次ぐ位)を指すようになったので、民間では「更衣」という言葉は使わず、「衣替え」と言うようになったのだとか。

明治時代になると、和服から洋服を着るようになったのをみて、明治政府は、洋服を役人・軍人・警察官の制服と定めたうえで、新暦の6月1日を夏の衣替え、10月1日を冬の衣替え、としました。

やがて、官公庁でのこの衣替えは一般にも広がり、学校や企業でも毎年6月1日と10月1日に衣替えをおこなうようになったのだそうです。

では自宅のクローゼット、タンスや収納ケースを入れ替えたい場合に最適な時期とはいつになると思いますか。

人によって体感温度も違ってきますが、大体目安はこんな感じです。

●15℃以下  冬物

●15℃~20℃ 春・秋物

●20℃~22℃ 春・夏・秋物

●22℃以上  夏物


最高気温が15℃を上回るようになれば冬物を片づける時期ですし、また夏から秋冬に向けての衣替えの時期としては、25℃を基準にすると良いそうです。

人間の体は(個人差もありますが)25℃を下回ると「肌寒い」と感じるそうです。
その頃からが夏服を仕舞う時期となるのですね。
また冬物の洗濯は、梅雨が始まる前には終わらせておいた方がよさそうですね。

衣替えをしながら、体調とともに次の季節を迎える準備をしているといえそうですね。

さて、どこから手をつけたものか…


6月吉日
miu 木村和子 星野文江