4月です。

入社式、入学式、新学期と新しい生活が始まる人も多いのではないでしょうか。
しばらくは緊張と期待とで過ごせるでしょうが、1ヶ月もするとちょっと息切れ。
そんな時に嬉しいのがゴールデンウィーク。
連休始まりでもある「昭和の日」。
この日って最初からこの名前でしたっけ?
以前は「みどりの日」ではなかったかしら。
変わったの?

ということで、調べてみますと。

4月29日は、昭和の時代は「天皇誕生日」でした。
1989年1月、昭和天皇が崩御されました。
平成となり法律が改正され、4月29日は「みどりの日」と改められました。

やはり最初は「みどりの日」だったのですね。

「みどりの日」という名称は、昭和天皇が自然をこよなく愛され生物学者としてもご活躍されたことに由来するのだそうです。
当初は4月29日の祝日の新しい名称として「昭和記念日」という案が挙がっていたのですが、当時の野党の反対によって採用されなかったのだとか。
しかし、「『昭和』という言葉を祝日として残して欲しい!」という国民の要望は根強く、その世論は国会を動かしました。
名称変更のための法律改正案が国会に提出されましたが、衆議院解散により、この法案は二度も流れてしまいました。
2005年、第二次小泉内閣の時に、「昭和の日」へと名称変更する法律が成立。
3度目の正直で2007年にその法律が施行されました。
また、この法律改正によって「みどりの日」は5月4日に移動されました。
ちなみに、5月4日は「国民の休日」という固有の名称が無い祝日でしたので、都合が良かったのでしょう。

昭和の日。
「国民の祝日に関する法律(祝日法)」という法律によって以下のように定められています。

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

考えてみると、明治の日や大正の日というのはないですね。

「旧『天皇誕生日』を昭和にちなんだ名称の祝日に」という国民の強い要望が、「昭和の日」という名称に繋がったといえます。

平成という年号になって30年。
昭和を知らない人も多くなっていますが、太平洋戦争→敗戦→奇跡的な復興という激動の時代に想いを馳せ、平和について考えてみるのにいい機会かもしれませんね。



4月吉日
miu 木村和子 星野文江