6月です。

暑い日も増えてきて、ついつい冷たいアイスやジュースを取りがちです。
体調管理も必要ですが、虫歯にも気を付けなきゃいけません。

6月4日は六(む)四(し)で「むし」という語呂合わせで日本歯科医師会によって制定された「虫歯予防デー」です。
「虫歯予防の大切さを訴える」という事を目的としています。

実はこの「虫歯予防デー」についてはかなり昔から制定されていたもので、1928年には存在していたそうです。
現在、6月4日から6月10日までの一週間を「歯の衛生週間」としています。

歯の病気は重大でないと考えてしまって治療を後回しにしてしまいがちにしていませんか。
でも、食事をする事も苦痛となってきて、頬の部分が腫れてきたり、最悪の場合は歯が溶けてしまって歯肉しか残らない場合もあります。
そして、なんと虫歯をそのまま放っておくと最悪の場合はほかの病気も併発してしまい、命を落とすこともあり得るのだそうです。

では、虫歯の「虫」の正体は何でしょう?
歯垢などをそのままにしてしまうと虫歯になってしまいますが、その虫歯の元である歯垢を顕微鏡で観察してみると何か小さなものが動き回っているのがわかります。
この動き回っているものは細菌であり、この細菌が「虫」の正体なのです。

虫歯になると歯が溶けてしまったりしますが、これは細菌が活動した結果乳酸を出しているからなんです。
乳酸を出した結果、歯に穴が空いてしまってその中に細菌が侵入してまた歯を溶かしてしまうといった悪循環によって虫歯は進行していきます。

そのため、虫歯は放置してしまうと歯が完全に溶けてなくなってしまい、歯茎しか残らなくなってしまいます。

たかが虫歯と考えず、早目の治療が大事です。
この機会に長い間歯医者に行ってなければ、検診しておくといいかもしれないですね。


6月吉日
miu 木村和子 星野文江